髪ハリ・コシ

理論に基づいて5種類の頭皮ケア成分が配合してあるウーマシャンプー

髪や頭皮にトラブルが起こってしまっている場合、そのトラブルの根底にあるのは頭皮環境の乱れだと言われています。

 

 

不規則な生活習慣や食生活、過度なストレスなどによって頭皮がダメージを受け、頭皮がベタベタ・ギトギトと脂ぎってしまったり、ボロボロになってしまったり、悪臭を放つようになってしまったりすると考えられるのです。

 

 

トラブルの根本原因が頭皮環境の乱れにあるのであれば、解消するためには当然、頭皮環境を整える必要があるでしょう。

 

 

そのために役立つのが、ウーマシャンプーです。

 

 

ウーマシャンプーには、大きく分けて2つの特徴があります。

 

 

1つは、薬学部の教授が提唱している頭皮環境リプレイス理論に則って開発されていることです。

 

 

頭皮環境リプレイス理論とは、頭皮に悪影響を与える各要素に対する対策を行うことで頭皮環境の正常化を試み、髪と頭皮のトラブルの解決を目指していくための理論です。

 

 

ただ闇雲に開発されているのではなく理論をもとにして開発されていることで、商品の信頼性が高まっているのが魅力となっています。

 

 

もう1つには、頭皮正常化成分が5種類も配合されていることが挙げられます。

 

 

1種類めは馬油です。

 

 

人間の皮脂と近い性質を持っていると知られており、頭皮や髪によく馴染む成分です。

 

 

α-リノレン酸をたっぷりと含んでいるため、頭皮や髪に潤いを与えるのに役立ちます。

 

 

2種類めは、ガゴメ昆布です。

 

馬油は人間の皮脂に似ているから馴染みが良い!

 

数ある海藻の中でも特にフコイダンを多く含むと言われている昆布です。

 

 

粘り気のあるこの成分が頭皮や髪が乾燥しないように守ってくれることで、かゆみやフケが生じにくくなると期待できます。

 

 

3種類めは、アミノ酸BCAAです。

 

 

年齢を重ねるにしたがってだんだんとゆるんできてしまう頭皮を、キュッと引き締めるための成分です。

 

 

4種類めには、加水分解ケラチンが挙げられます。

 

 

髪の主成分であるケラチンを補ってあげることで、髪のボリュームアップやハリ・コシアップを目指します。

 

 

そして5種類めに挙げられるのが、グリチルリチン酸2Kです。

 

 

甘草から採れた成分であり、肌荒れケアに役立つ成分として知られています。

 

 

これら5種類の成分の働きによって、髪や頭皮を総合的に元気な状態に導くことができると期待できるのです。

 

 

実際に利用した方からの評判は上々で、既に30万本を売り上げているほどに人気商品となっています。

 

 

さまざまな雑誌でも取り上げられており、メディアからの注目度も高いです。

 

 

ご興味を持った方は、ぜひ、ウーマシャンプーを使い始めてみてはいかがでしょうか。

 

 
inserted by FC2 system